父から娘へ贈る 資産1億円への道

父から娘へ贈る 資産1億円への道のりです。

子育て夫婦のマイホーム選び

そろそろ新しい家に引っ越しをして1年経つので、マイホーム選びについて振り返ろうと思います。

僕たち夫婦は最初、1LDKの家を選び、なるべくお互いの職場に近い駅にある家を選択しました。

ここでポイントです!

結婚をして最初の家選びのポイント

  1. お互いの職場の中間地点
  2. 2人暮らしなので1LDKで十分
  3. 家の周りに飲食店が多い場所

まず、必ずお互いの職場の中間地点を選ぶと思います。

とりあえず共働きを考えているので当然かもしれません。

おそらくこの条件が一番の優先事項かと思います。

次に、当時は子供が生まれることなど考えていなかったのでそんなに広い部屋でなくてもいいかという考え。

そもそも今まで一人暮らしで1部屋の家に住んでいたので2部屋あればいいかという考えになりました。

最後に、家の周りに飲食店が多くあり、会社帰りにお酒やご飯を食べて帰りやすいところがいいという考え。

サラリーマンやOLさんにとっては重要です。

実際に僕もこの3つを優先して選び、2年間1LDKの家に住んでいました。

しかし、

子供が出来ると、この条件が当てはまらなくなります!

 

子育て夫婦の家選びのポイント

  1. 周りが比較的静かで公園が多い、住宅街にある家がいい
  2. LDK以上、なんなら3LDK以上が希望
  3. スーパーや病院などが家の近所に多い場所

実際に僕もこの3つの条件で家を選び、1年前に引っ越しをしました。

子育て夫婦にとって優先する条件は、子供がのびのびと遊べる公園や周りが繁華街ではなく静かな住宅街ではないでしょうか。

また、部屋は絶対に3LDK、もしくは4部屋あったほうがよいです。

リビングダイニング、寝室、子ども部屋、空室(テレワーク用)

飲食店(居酒屋など)はそんなになくてもいいですが、スーパーや病院がないと子育て夫婦にとって不便です。

 

このように子育て夫婦の希望する条件の場所に引っ越すとなにがいいか。

それは、周りの家庭が自分と同じような家庭の確率が高いです。

ご近所さんに自然と子育て夫婦が集まります。

 

僕の住んでいるマンションには、同世代の子育て夫婦や新婚さんが多いです。

周りの環境というのは子供にとって重要です。

むしろ子供だけでなく、子育てしはじめのママ・パパたちにとって大きなアドバンテージになると思います。

夜泣きや物音など、かなり気をつかうことが多くなりますが、周りが同じ環境であれば生活しやすいですよ。

 

今思えば、はじめからこの条件で、1回目のマイホームを選べばよかったと少し後悔しております。

そうすれば引っ越し代が浮いたのに・・・

 

なので、これから結婚をして子育てをイメージして引っ越しをされる方は、参考にしてみてください。

子育て夫婦のマイホーム選びのポイントは

  1. 周りが比較的静かで公園が多い、住宅街にある家がいい
  2. LDK以上、なんなら3LDK以上が希望
  3. スーパーや病院などが家の近所に多い場所

 

以上、パパリーマンでした。